ヨーグルトと毎朝のトイレ習慣で便秘解消

ヨーグルトと毎朝のトイレ習慣で便秘解消

 小学生の頃から大学生の頃まで10年以上、便秘に悩まされていました。小学生の頃に便秘が続いて夜中にお腹がとても痛くなって、夜間救急に行ったことがありました。かかりつけの小児病院の先生に母が便秘のことも相談し、アドバイスに従って食物繊維を積極的に食事に取り入れてくれたり、便秘解消マッサージをしてくれたりしました。

 しかし母の努力もむなしく、一時的には解消されてもまたしばらくすると便秘が続くようになりました。高校生になった頃には母も私もあきらめぎみだったので、あまり期待せず思い出したときにマッサージをする程度でした。大学生になル頃にはマッサージをするのも忘れていましたが、一人暮らしを始めたため自分で食事を作るのが面倒くさくて、大量のヨーグルトを食事のかわりに食べるようになりました。

 すると、10年以上悩んでいたのがウソのようにお通じが良くなったのです!一人暮らしでお金がなくてスナック菓子や甘い物を食べなくなったことや、ヨーグルトに砂糖ではなくオリゴ糖を入れていたことが、便秘解消につながったのかもしれません。

 その頃に毎朝トイレに入る習慣ができたため、ヨーグルトの摂取量が減ってからも毎朝トイレに行けばお通じがあり、大学を卒業する頃にはすっかり便秘が解消されていました。私と一緒に長年悩んでいた母は、食生活の悪い一人暮らしの環境でまさか便秘解消が叶うとは思わず、びっくりしていました。今は食生活に少し気を付けていますが、それよりも毎朝ほとんど同じ時間にトイレに入ることを大切にしています。

↑ PAGE TOP